カテゴリー別アーカイブ: その他

博物館実習を終えて2

 8月17日から一週間、高岡市万葉歴史館で博物館学芸員の実習をさせていただきました。照明の取り付け中

実習では、博物館の運営・経営に関わること、資料の収集保存・展示・教育普及活動など、学芸員の行う多岐にわたる仕事について教えていただきました。実際に、展示替えやキャプション作成、貴重な所蔵品が収められている収蔵庫や書庫の整理、夏季セミナーの受付をさせていただきました。その他にも、博物館の広報の在り方を教えていただき、最新機器を活用したツイッター・ツイキャス等による情報発信を体験させていただきました。

 様々な体験の中でも、展示替えとキャプション作成から、非常に多くのことを学びました。展示替えでは、動線や視線を意識した展示品の設置方法や照明の当て方を学び、展示の背景に、来館される方々への細やかな配慮をもって成される緻密な作業があることを知りました。また、移動展示に関するキャプションを作成させていただいたことによって、教育普及のために博物館で行われる公開講座や刊行物の充実だけではなく、小学校への出張講演や中学校・高等学校、万葉故地への移動展示など、様々な普及方法の工夫が成されていることを学びました。高岡市の「万葉のふるさとづくり」と関わり、地域の中で博物館の果たす役割が、いかに大きなものであるか実感することができました。

 実習期間中には夏季セミナーも行われ、全国から集まった方々が熱心に受講されている場も見学することができました。中には声をかけて下さる受講者の方もいらっしゃり、講演会を通して全国的な万葉集愛好者同士の交流もできるのだ、というお話を伺うこともできました。

実習生としての毎日は、新たな発見と学びの連続で、一週間という実習期間がとても短く感じられました。この実習を通して、博物館への新たな視点を得られたように思います。多くの貴重な体験をさせていただけたことは、得難い経験となりました。

               (日本女子大学文学研究科日本文学専攻博士課程前期2年 Yさん)


博物館実習を終えて1

高岡市万葉歴史館移動展示のパネル 私は高岡市の出身で、小さいころから万葉集や大伴家持の歌に親しんできました。大学では日本文学を学んでおり、万葉歴史館で博物館実習をさせていただきました。これまでは、万葉歴史館や市の活動に参加するだけだった自分が逆の立場となり、大伴家持が歌に詠んだ越中万葉の世界を学芸員としてどう伝えていくか、という視点をもつことが大きな課題となりました。

 実習では、館の展示・運営に関することから、収蔵庫・図書の整理まで、多くのことを学ばせていただきました。実際に、展示品の解説となるキャプション作りも行いました。キャプションの文章は、推敲に推敲を重ね、どの言葉を選ぶと適切に伝えることができるか、文字の大きさやフォント・余白は見やすいかということを議論しました。一つの文章を考えるだけでも、さらに良い言葉があるはずだ、となかなか最終段階に進まず、用紙の大きさに合わせてパネルをカットするのも、力と丁寧さを必要とし、思った以上に時間がかかってしまいました。そうやって出来上がったキャプションを、来館者の方が読んでくださっているのを見たときは、とても嬉しくなりました。自分が発信した情報を、受け取っていただける喜びがありました。

 また、今回は実習期間中に夏期セミナーが開催され、地元の方のみならず、全国の万葉愛好者の方とお話する機会にも恵まれました。万葉のふるさととしての「高岡」に改めて気付くことができました。

 この実習を通して、越中万葉の魅力をPRする様々な企画や取り組みを間近で経験することができ、そして、それに関わる人びと(学芸員だけでなく、事務の職員の方々・セミナーの講師の先生・ボランティアの和草の皆さま・愛する会の皆さま・地域の方々など)の支えの大きさも知ることができました。

              (金沢大学人文学類日本語学日本文学専門分野3年  Tさん)


平成23年度富山大学前期講義第1回

講義風景1

富山大学五福キャンパスでの「日本文学」講座が始まりました。第1回は坂本館長による「万葉集の概説」。

講義風景2

1回目は導入と言うことで、坂本館長がかつて出演したNHKの番組前半を鑑賞しました。

講義風景3

その後は『万葉集』を学ぶための基本的なことがらを確認。

満員御礼。まさかこんなにたくさんの学生さんが入るとは…。90名定員の教室でしたが、100名は超えていたようで、配付資料が足りなくなってしまいました。もらえなかった方、すみませんでした。また来週お配りします。


富大芸文集中講義

富山大学芸術文化学部の学生16名のみなさんが博物館学2の集中講義を受けに来てくれました。朝9時半から5時まで、熱心に受講してくれました。

講義室1

講義室2

高野副館長が担当しました。

午後からの館内展示や収蔵庫の見学もはさんでびっしり4コマ、お疲れさまでした。

家持劇場

家持劇場を見学。

 芸術家の方々には、家持と越中万葉に触れて、創作意欲を高めていただくのがわれわれの願いでもあります。そして大成されたあかつきには歴史館に…。いえいえ、万葉をモチーフとしたさまざまな作品が生まれて、万葉文化が世に広まってくれればそれだけでもありがたいことです。万葉をテーマに作ってみませんか?

鹿

さて、雪解けが進んでいます。埋もれていた鹿さんもようやく人心地といったところでしょうか。


第6回大伴家持越中秀歌全国朗詠コンクール

10月31日(日)、高岡文化ホールで、第6回大伴家持越中秀歌全国朗詠コンクールが開催されました。
後援に万葉歴史館も名を連ね、参加者および関係者全員に「家持バッチ」を、入賞者には「20周年記念クリアファイル」を進呈しました。


高岡市万葉歴史館館長賞は富山県松風会の山田順子さんが射止められました。
おめでとうございます。