二上山のほととぎす


お昼前に二上山万葉ラインを車でのぼりました。城山ではほととぎすが鳴いていました。麓にはまだなかなか下りてこないようですが、山の上ではすでに鳴いているのです。

小矢部川の蛇行が眺められる場所で聞いていると、山の南側から北側へ飛んでいくのが見えました。すかさずカメラを構えて、なんとか撮れました。飛ぶ間もしきりに鳴いていて、「鳴きわたり行く」様子がよくわかりました。

ほととぎす 厭ふ時なし あやめ草 蘰にせむ日 こゆ鳴き渡れ

ほととぎすよ、いつ聞いてもいやな時などない。あやめ草をかずらにする日にはここを鳴いて通っておくれ。

(田辺福麻呂、巻18―4035)

ほととぎす

背景は小矢部川の蛇行と水田です。

 ほととぎす拡大

胸から腹にかけての黒い縞が確認出来ます。