越中万葉故地めぐり


梅雨入りにもかかわらず好天にめぐまれた6月20日、越中万葉故地めぐりを実施しました。

当日は日差しも強く蒸し暑いくらいでしたが、54人の方々にご参加いただきました。

万葉大橋

昨年8月に開通した伏木万葉大橋を故地めぐりでは初めて渡りました。600メートルの距離を歩きながら歌碑を見ていただきました。

柳田布尾山古墳

雨晴海岸を過ぎて、柳田布尾山古墳へ。氷見の地にあった布勢の水海を想像するのによい場所です。

安努神社

今回は安努君広島ゆかりの土地をめぐります。まず一つめは鞍川の安努神社。

加納八幡神社

加納八幡神社では、家持が越中から都へ帰る時に、部下にむかって詠んだ歌の歌碑を見ました。

玉鉾の 道に出で立ち 行く我は 君が事跡を 負ひてし行かむ(巻十九・4252)

果たしてこの歌を詠んだ地はどこであったのか?。

有磯高校新たしき歌碑

有磯高校にも立派な万葉歌碑が三基あります。

味川安努神社

味川の安努神社にも参りました。急坂をものともしない参加者の皆さんです。

箭代神社

箭代神社。『萬葉越路廼栞』を著した高澤瑞信ゆかりの延喜式内社です。

英遠の浦歌碑

阿尾城跡にも登りました。写真は英遠の浦の歌碑。険しい道の最後に、氷見を一望できる岬からの眺めが待っています。

阿尾城跡

垂姫神社

垂姫神社を前に記念撮影。暑い日ざしの中、皆様お疲れ様でした。ご参加ありがとうございました。