タグ別アーカイブ: 田中夏陽子

NHKニュース富山人に取材に来ていただきました。

昨日は雨風の激しい日でしたが、今日は一転春らしい、いいお天気。NHKの方々に歴史館を取材していただきました。

図書室開催中の春の特別企画展「万葉花ものがたり‐桜‐」を担当した田中研究員が取材を受けました。

図書室での調べものの様子を撮っています。ディレクターの指導を受けます。

 

春の庭NHKからは新人の舘谷春香さんにお越しいただきました。万葉や古代の文学に興味をお持ちだそうで、すばらしい人選。今回が外の取材デビューとうかがいました。

春の庭に移動して、大伴家持と大伴池主の桜の花を詠んだ贈答歌について語りました。はたして家持と池主はBLだったのか?

あしひきの山桜花一目だに君とし見てば我恋ひめやも(巻17-3970

家持が池主に贈った歌です。

(訳)山に咲く桜の花を一目だけでもあなたと一緒に見られたならば、わたしはこんなに恋いこがれることなどありましょうか。

春の庭遠景恋の歌のような男同士のあやしい贈答に、ガールズトークが繰り広げられました。

話題は桜でしたが、春の庭には梅が満開。でも右上の方にはようやく咲き始めた桜も。はなやかな春の庭です。

放送は4月18日(水)のニュース富山人で、6時半過ぎを予定しています。ぜひ御覧下さい。


富山県博物館協会平成23年度研修会

3月15日、高岡市美術館で、富山県博物館協会平成23年度研修会・分野別分科会が行われました。今回は、田中夏陽子主任研究員の発表と、坂本館長の講演会がありました。

田中主任研究員共同研究「越中万葉歌の継承とその展開について」と題して研究代表の田中夏陽子主任研究員が発表しました。越中万葉の歌枕パネルや田中大秀の事跡などを紹介しました。

 

 

講演風景講演会では坂本館長が「万葉集の魅力」について語りました。坂本館長が出演したNHK「万葉集への招待」のビデオを見て、額田王の「あかねさす」の歌の解釈について論じました。

 

 

坂本館長高岡市美術館のハイビジョンホールでの会合でした。この後、分科会なども行われました。