読んでみよう越中万葉−Web万葉集−(高岡市万葉歴史館)ロゴ   『万葉集』全20巻のうちの17巻から19巻には、 大伴家持が国守(こくしゅ・国の長官)となって越中に赴任した5年間の歌が載っています。 そして、それらの歌に、16巻にある越中国関連歌7首を加えた337首を「越中万葉」と呼んでいます。

 それぞれの歌には、歌だけでなく、題詞(だいし・歌の前に、その歌の主題や作歌の動機などをタイトルのようにしるしたもの)や、左注(さちゅう・歌の左にある注記書きのこと。作歌の日にちや作者などが書いてある)がある場合が多く、まるで日記を読むように、歌が作られた背景を知ることができるのです。

 さあ、越中万葉歌を1首ずつ読んでみよう!!
Web万葉集、横書き表示ボタン
●凡例
  • Web万葉集、縦書き表示ボタンインターネットエクスプローラー7以上でご覧下さい。
  • 上記以外のブラウザの場合、レイアウトや文字が正しく表示されないことがあります。
  • 縦700ピクセルで下端まで表示されます。
  • 縦書きが正しく表示されない場合は横書き版でご覧下さい。
高岡市万葉歴史館トップページ