高岡市万葉歴史館トップページ
第5回企画展天平万葉(高岡市万葉歴史館)

 高岡市は、平成21年9月に開町400年を迎えました。これを記念して企画展示室内をリニューアルし、第6回企画展「越中国と万葉集」を開催いたします。

趣旨
 「万葉集」は、奈良時代から現代にまで至る世界に誇る文化遺産です。
 その「万葉集」の最古写本は、加賀藩前田家の手を経た「桂本」であり、「金沢本」と呼ばれる孤本も前田家などに現存しています。
 越中国庁のあった射水郡伏木は、江戸時代を通じて「天下の書府」加賀藩に属していました。そのためか、射水郡の五十嵐篤好、氷見郡の高澤瑞信、礪波郡の宮永正運などによって多くの万葉研究も行われていたのです。
 「越中万葉」は、大伴家持が越中国守であった数年間の歌に限られます。そこで「越中国と万葉集」と題することで、広く越中と万葉集の関わりについて展示します。
−パネルの内容−
  • ,呂犬瓩
  • 越中国の歴史
  • 1枌羚饉藺臠鴫隼
  • け枌羚饉藺臠鴫隼
  • ケ枌罎了裕─―
  • Ρ枌罎了裕─_
  • П枌罎了裕─―
  • ┗枌罎了裕─‥
  • 前田家と万葉集
  • 越中万葉研究の歩み
  • 近代歌人の越中万葉

−主な展示品−
  • 越中国府とその周辺ジオラマ
  • 東大寺開田図(コテ田荘、石粟荘など)4点
  • 木簡(複製)
    仮名木簡(難波宮跡出土)
    難波津歌木簡
    高志木簡
    高志木簡
    気多大神宮寺木簡(東木津遺跡出土)
  • ホトトギス(2羽)
  • 奈良朝高官朝服一式
  • 奈良朝貴族女性朝服一式
  • 正倉院宝物金銅
  • 同 鳥毛立女屏風
    • (とりげりつじょびょうぶ・複製)
  • 天平時代の庶民・貴族の食事(模型)
  • 天平時代の文房具(複製) 他

伏木台地推定復元ジオラマ
当館蔵


越中国鳴戸村開田図

高岡市万葉歴史館 
  • 〒933−0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11 電話 0766-44-5511 FAX 0766-44-7335
    E-mail manreki@takaoka-bunka.com http://www.manreki.com
このページの冒頭 
高岡市万葉歴史館トップページ