カテゴリー別アーカイブ: 未分類

バスツアー「あさもよし 紀伊の国を訪ねる」2日目

2日目、まずは海南市の藤白神社へ。

藤白坂歌碑
藤白坂歌碑

 

悲劇の皇子、有間皇子ゆかりの地です。神社には「藤白の み坂を越ゆと 白たへの わが衣手は 濡れにけるかも(巻九・1675)」があり、熊野古道の藤白坂には有間皇子の墓と佐佐木信綱揮毫の「家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る(巻二・142)」歌碑もありました。

有間皇子墓

有間皇子墓

 

 

 

 

 

 

 

ここで予定が1時間遅れとなったため、日の岬・三穂の浦をカットして由良町の白崎海洋公園に向かいました。全体が白い石灰岩で囲まれていて、青い海と氷山のような白い岩、紺碧の晴天に恵まれてのコントラストは日本渚百選の一つにふさわしい美しさでした。

白崎海洋公園

白崎海洋公園記念撮影

 

 

 

 

 

白崎海洋公園

白崎海洋公園

 

 

記念撮影
記念撮影

国民宿舎「湯浅城」での昼食後、湯浅町の重伝建の町並みをガイドの半邉宗五氏の案内で約1時間散策しました。

最後の万葉歌碑は、「足代過ぎて 糸鹿の山に 桜花 散らずもあらなむ 帰り来るまで(巻七・1212)」を、有田市の糸我山麓にある雲雀山得正寺に訪ねました。犬養孝名誉館長の揮毫によるものでした。

 

ここからは紀ノ川SAで土産を購入し、近鉄奈良駅で坂本館長含む3人に別れを告げて、長い紀伊国の万葉故地めぐりを終えました。

万葉歴史館に到着したのは、午後10時10分でした。

(万葉を愛する会 幸塚憲昭氏の記録からまとめさせていただきました。ありがとうございました。)

参加者のみなさま、長距離のバスツアーお疲れさまでした。


正月特別展示「万葉かるた・越中万葉かるた屏風」展

正月展示

お正月にふさわしく、万葉かるたと越中万葉かるたの原画を描いた屏風展示がはじまりました。

会期は1月31日(月)まで。年末年始は12月28日(火)から1月4日(火)までが休館です。

平城京かるた今年度は平成22年の平城京遷都1300年祭にあわせて、「平城京かるた」と「奈良県立万葉文化館万葉歌留多」を展示しています。越中万葉かるた拡大パネル
また1月16日(日)に行われる「越中万葉かるた大会」にあわせて、越中万葉かるたの読み札を拡大パネルにし、歌の解説を付けて展示しています。

-主な展示作品-
「新しき年の始めの初春の」(屏風)
「平城京かるた」「万葉歌留多」
『百人一首画』
『新板百人一首むべ山双六』

味真野万葉かるた

「味真野万葉かるた」「万葉かるた(鈴木靖将画)」
「越中万葉かるた」
越中万葉かるた屏風

「越中万葉かるた屏風」
巻子本『万葉集』
歌仙光悦
越中万葉かるたパネル展示

(1月27日追記)今年の越中万葉かるた大会は1月16日に終了しました。その後も歴史館に「越中万葉かるた」を売っていないかという問い合わせをいただいています。残念ながら今シーズンで在庫が尽きてしまって、現在のところ再版の目途もたっていません。品切れ後、今日までに51件の問い合わせがありました。ゆっくりではあると思いますが、越中万葉かるた大会が行われている以上、必ず需要はあるはずなので、関係者の皆様、よろしくお願いします。

(11月追記)「越中万葉かるた」が10月に復刻されました。当館でも販売しております、お気軽にお問い合わせ下さい。越中万葉かるたのページ