正月特別展示「万葉かるた・越中万葉かるた屏風」展


正月展示

お正月にふさわしく、万葉かるたと越中万葉かるたの原画を描いた屏風展示がはじまりました。

会期は1月31日(月)まで。年末年始は12月28日(火)から1月4日(火)までが休館です。

平城京かるた今年度は平成22年の平城京遷都1300年祭にあわせて、「平城京かるた」と「奈良県立万葉文化館万葉歌留多」を展示しています。越中万葉かるた拡大パネル
また1月16日(日)に行われる「越中万葉かるた大会」にあわせて、越中万葉かるたの読み札を拡大パネルにし、歌の解説を付けて展示しています。

-主な展示作品-
「新しき年の始めの初春の」(屏風)
「平城京かるた」「万葉歌留多」
『百人一首画』
『新板百人一首むべ山双六』

味真野万葉かるた

「味真野万葉かるた」「万葉かるた(鈴木靖将画)」
「越中万葉かるた」
越中万葉かるた屏風

「越中万葉かるた屏風」
巻子本『万葉集』
歌仙光悦
越中万葉かるたパネル展示

(1月27日追記)今年の越中万葉かるた大会は1月16日に終了しました。その後も歴史館に「越中万葉かるた」を売っていないかという問い合わせをいただいています。残念ながら今シーズンで在庫が尽きてしまって、現在のところ再版の目途もたっていません。品切れ後、今日までに51件の問い合わせがありました。ゆっくりではあると思いますが、越中万葉かるた大会が行われている以上、必ず需要はあるはずなので、関係者の皆様、よろしくお願いします。

(11月追記)「越中万葉かるた」が10月に復刻されました。当館でも販売しております、お気軽にお問い合わせ下さい。越中万葉かるたのページ