高岡市万葉歴史館ホームページ

大伴家持の家族、越中赴任中の仕事仲間には、こんな人々がいました。
越中万葉に登場する人物たちを紹介していきます。
キャラクターの紹介は随時追加していきますので、お楽しみに。

越中万葉の仲間たちの相関図

上の「越中万葉の仲間たち」関係図のPDFファイル(約4メガ)

 家持くん
大伴家持(おおとものやかもち) 
奈良時代の政治家・歌人 養老2(718)年〜延暦4(785)年

若い頃 内舎人(うどねり・天皇のそばに仕える雑用係。有力氏族の子弟が選ばれる)として聖武天皇に仕える。
29歳  越中国の守(かみ・長官)として赴任
  ※越中国の守在任中に詠んだ歌が『万葉集』に223首残る。
34歳  少納言となって帰京。
帰京後 最高傑作とされる「春の愁(うれ)いの歌」を詠む。
37歳  兵部少輔(ひょうぶしょうゆう・現在の防衛省次官に近い職)につく。
      防人(さきもり)の歌を集める。自らも防人に同情した歌を詠む。
42歳  因幡国(いなばのくに)の守として、正月の祝いの歌を詠む(759年)。
  ※これ以降亡くなるまで約20年間の歌は残っていない。
 
 おおいらつめちゃん 坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)  家持の妻
母は坂上郎女(さかのうえのいらつめ)。家持のいとこでもある。妹がいる。家持と仲が途絶えたことがある。家持の任期後半から越中にくる。家持に歌の代作をしてもらっている。
 いけぬしくん 大伴池主(おおとものいけぬし) 家持の部下。越中国の掾(じょう・ナンバー3)
家持と同族で、都でも宴で同席した仲。越中で家持を出迎える。越中で病気をした家持を歌と漢詩で励ました。越前国に転勤になった後も、家持と手紙で歌をやりとりする。
 ひろなわくん 久米広縄(くめのひろなわ) 家持の部下。越中国の掾(じょう・ナンバー3)
池主の後任。家持が都に帰る時に出張中だったが越前で再会。 
 さきまろくん 田辺福麻呂(たなべのさきまろ) 都からのお客さん。宮廷歌人。
橘諸兄(たちばなのもろえ)からの使者として、越中にやって来た万葉歌人。
 なわまろさん 内蔵縄麻呂(くらのなわまろ) 家持の部下。越中国の介(すけ・ナンバー2) 
家持が越中在任中、家持に次いで高い地位にいた人物。気配りのある風流な歌を詠む。
 はにしちゃん 土師(はにし) 遊行女婦(うかれめ・接待役の女性) 
都からの来客である田辺福麻呂(たなべのさきまろ)接待のために、布勢の水海(ふせのみずうみ)の舟遊びに同行。
いらつめさま 2012年新キャラクター
坂上郎女(さかのうえのいらつめ)
 

家持の叔母。妻の母。歌の師匠。大伴家の家刀自。若い頃は恋多き女性とも。万葉集で一番歌数が多い女性歌人。
たびとさま 2012年新キャラクター
大伴旅人(おおとものたびと)
 

家持の父。家持が子どものころ亡くなる。武人で政治家。九州南部で隼人が反乱を起こした際には、大将軍として遠征する。また、晩年九州大宰府で山上憶良らと共に歌もよむ。酒をほめる歌が有名。
ふみもちくん 2012年新キャラクター
大伴書持(おおとものふみもち)
 

家持の弟。家持が越中赴任してまもなく都で亡くなり、家持は越中の地で挽歌をよむ。草木が好きで庭にはたくさんの植物を育てていた。万葉集には書持による繊細な歌が残る。
とめちゃん 2012年新キャラクター
家持の都にいる妹
 

名前は不明。家持の妻と歌とかわした歌が越中万葉歌に残る。
がもうさん 2012年新キャラクター
蒲生(がもう) 遊行女婦(うかれめ・接待役の女性) 

越中介の縄麻呂の館で開かれた雪の宴で長歌を披露。家持らをもてなす。




●キャラクターの使用許可について

  • 資料利用申請書をご記入の上、提出してください。
  • 画像データ(ダウンロード画像を含む)を掲載する場合には、画像の下などに「画像提供:高岡市万葉歴史館」と掲載してください。
  • 成果品を2部ご寄贈ください。ホームページなどネット上で使用の際は、URL等をお知らせください。
  • 大伴家持(家持くん)・土師(はにしちゃん)の使用許可については、高岡市観光戦略室(「高岡市観光情報サイト」の画像集)にお問い合わせください。

●禁止事項

  • トリミングしたり、切り抜いたり、他のキャラクターとして転用するなどの二次加工を禁止します。
  • 賃貸目的に使用すること、コピーして第3者に販売、又は譲渡することを禁じます。
  • 不正・誤解を招いたり、又は名誉を毀損する行為、もしくは公序良俗に反する行為を禁止します。
  • この条項にいずれか違反された場合は、その使用を差し止めることができるものとします。
  • 使用者が、前項の規定により使用の許可を取り消され、これによって損失を受けることがあっても、その補償の責めを負いません。
  • 使用者は、当画像を使用した商品等の瑕疵により第三者に損害を与えた場合は、これに対し全責任を負い、高岡市万葉歴史館に迷惑を及ぼさないよう処理すること。
  • 使用者が、故意または過失により高岡市万葉歴史館に損害を与えた場合、これによって生じた損害を高岡市万葉歴史館に賠償すること。

●著作権について

 大伴家持(家持くん)・土師(はにしちゃん)を除く上記のキャラクターの著作権は高岡市万葉歴史館にあり、著作権法及び著作権に関する国際法によって保護されています。

●その他

@kyakkyauhuhuhu さんによる「越中万葉の仲間たちシリーズ」のつぶやきまとめ(togetter)

高岡市万葉歴史館トップページへ