高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ -
越中万葉歌を読む

014回「春の花 今は盛りに にほふらむ」

2020年09月20日

春の花は、

今を盛りと

咲きにおっていることでしょう。

手折って髪に挿す

手力があったらよいのに。

 

 

 

 

 

 

春の花 今は盛りに にほふらむ 折りてか ざさむ 手力(たぢから)もがも

大伴家持(巻17・三九六五)

 

 越中に赴任して最初の春、家持は死をも覚悟するほどの大病を患いました

 家族から遠く離れた異郷の地で数十日も苦しみ、体力気力ともに衰弱した家持は、戸外に出て春を楽しむこともできずに居ました。

 そんな心情を漢文の序と二首の悲歌に作り、赴任前からの旧知の友である大伴池主に贈りました

 家持より数歳年上の大伴池主は、それに長歌一首反歌二首の作品で答え、二人は、天平十九年(七四六)二月二十九日(現在の四月中旬)から三月五日までの間に、数日間のうちに漢詩二編・長歌二首・短歌十一首もの歌をやり取りしました(連載14~19回も参照ください)。この歌はその冒頭歌です。(田中夏陽子)

いけぬしくん(高岡市万葉歴史館制作「越中万葉の仲間たち」より)

 

【さらに詳しく知りたい方へ】

高岡市万葉歴史館編

『越中万葉を楽しむ 越中万葉かるた100首と遊び方』

笠間書院・2014年刊

フルカラーA5判・128頁・定価1000円

 

 

※本文の中で引用した歌の読み下し文は、高岡市万葉歴史館編『越中万葉百科』(笠間書院)によります。