高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

展示・イベント・講習

「正月特別展示」 令和2年12月2日(水)~令和3年1月25日(月)

正月特別展示

正月特別展示は当館収蔵の大伴家持肖像画、三十六歌仙双六、百人一首かるたや万葉かるたなどを回廊に展示。特別展示室には越中万葉かるた屏風なども展示します。

万葉歴史館で正月気分を味わって下さい。

 

※例年ラウンジに設置しておりました、「越中万葉かるた体験コーナー」はですが、今年度は染症拡大防止の観点から設置いたしません。

ご了承ください。

 

●休館日 
火曜日、年末年始[12月29日(日)~1月3日(金)]

続きを読む

開館30周年記念特別展示「万葉のふるさと高岡フォトコンテスト」入賞作品展

●開館30周年記念特別展示「万葉のふるさと高岡フォトコンテスト」入賞作品展
 テーマ「家持の越の海2」
●会期 令和3年1月27日(水)~3月8日(月)

続きを読む

「国分寺薬師堂仏像調査報告会・パネル展」令和3年1月17日(日)まで

高岡市伏木一宮にある国分寺薬師堂に 伝わる指定文化財を含む仏像について、概要と現在の状況をパネルでお伝えします。

※大雪のため、1月17日(日)まで延期します

●場所 ラウンジ(無料スペース)

●お問い合わせ 

 高岡市教育委員会 生涯学習・文化財課 

 電話0766-20-1456

続きを読む

特別コーナー「令和」と『万葉集』

元号「令和(れいわ)」は、大伴家持の父である大伴旅人が大宰府で開催した梅花の宴に由来します。
大伴旅人が開催した梅花の宴と、元号の典拠となった万葉集の部分について、「西本願寺本万葉集」(複製)や寛永版本万葉集などと共に解説します。

その他、撮影スポットなども新設しました。どうぞお楽しみください

  • 令和スタンプ(無料スペースラウンジ)※現在中止
  • 「梅花の宴」撮影スポット(企画展示室前)
  • 坂本館長による越中万葉歌の記念幕(正面玄関)

続きを読む

年間スケジュール

お知らせ

図書閲覧室

入館無料
  • ・万葉集研究に必要な基本図書完備
  • ・家持コーナー設置
  • ・古代史のマンガや小説・絵本・写真集
  • ・国内の雑誌に発表された研究論文も見られます

まんれきブログ

2021年01月15日

036回「雄神河 紅にほふ 娘子らし」NEW

雄神河(おがみがわ)が 一面に赤く照り映(は)えている。 あでやかな少女たちが 葦付(あしつき)を採(と)るために。 瀬に立っているらしい。            

続きを読む

2021年01月08日

035回「越の海の 信濃の浜を 行き暮らし」

越の海の 信濃の浜を 一日中歩き続けても余る こんな長い春の日でさえ、 ツマのことを忘れてしまったりするものか。 片時も忘れられないものだ。          

続きを読む

2020年12月25日
034回「天ざかる 鄙とも著く ここだくも」

開館時間・休館日・観覧料のご案内開館時間・休館日・観覧料のご案内

開館時間

4月~10月 … 午前9時~午後6時
11月~3月 … 午前9時~午後5時

  • ・入館は閉館の45分前まで
  • ・図書閲覧室は9時30分~4時30分(複写サービスは3時まで)

休館日

火曜日(火曜日が祝休日の場合はその翌日)・年末年始

  • ・年末年始・連休前後など開館日が変更される場合がありますので催し物カレンダーでご確認ください。

観覧料

一般…300円 中学生以下…無料 65歳以上…240円
団体(20名以上)…240円

  • ※身体障害者手帳等の各種手帳をお持ちの方とその付添者の方が観覧するときは、無料となります。(受付で手帳をご呈示ください)
  • ※特別展示等を行う場合に、別料金となるときがあります。
  • ※ラウンジ・図書閲覧室をご利用の場合は、観覧料は必要ありません。
  • ※授乳室あり。多目的トイレにオムツ交換用ベビーシート設置。

駐車場

無料(普通車54台・バス6台)

館内案内

ご希望の方は1週間前までにご予約ください。