高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ

越中万葉歌を読む~越中万葉かるたの世界~

2022年05月25日
101回 大伴家持の長歌・その1~弟を哀しむ~NEW

  …はしきよし 汝弟の命(なおとのみこと)  なにしかも 時しはあらむを… …いとしいわが弟よ、いったいどういうことだ、  死ぬべき時もいつだってあろうに…    今回から10回にわたって、越中万葉の中から長歌の名歌を取り上げます。  大伴家持は天 […]

続きを読む

2022年05月17日
100回「玉桙の 道に出で立ち 行く我は」

(たまほこの) 道に旅立ちして 行くわたしは、 あなたの治績を 背負って行こう。          

続きを読む

2022年05月07日
099回「しなざかる 越に五年 住み住みて」

(しなざかる) 越の国に五年 住み続けて、 立ち別れるのが 名残(なごり)惜しい今夜であることよ。          

続きを読む

2022年04月30日
098回「石瀬野に 秋萩しのぎ 馬並めて」

石瀬野で 秋萩を踏み散らし、 馬を並べての 初鳥狩もしないで 別れなければならないのか。          

続きを読む

2022年04月23日
097回「降る雪を 腰になづみて 参り来し」

降り積もる雪に 雪に腰まで埋もれて 参上した 苦労の甲斐がありましたね、 年の初めに。          

続きを読む

2022年04月14日
096回「この雪の 消残る時に いざ行かな」

この雪が 消えてしまわないうちに、 さあ出かけよう。 やぶこうじの 実が雪に照り輝くさまも見よう。          

続きを読む

2022年04月06日
095回「あしひきの 山のもみちに しづくあひて」

(あしひきの) 山のもみじが、 時雨のしずくとともに 散る山道を、 あなたは越えて行くのですね。          

続きを読む

2022年03月30日
094回「わがやどの 萩咲きにけり 秋風の」

わが家の庭の 萩が咲いたよ。 秋風が 吹いてくるのを待っていたら、 待ちきれないからだろうか。          

続きを読む

2022年03月23日
093回「鮪突くと 海人の燭せる いざり火の」

鮪突き漁(まぐろつきりょう)で 海人(あま)がともしている 漁り火(いさりび)のように、 表にはっきりと出してしまおうか、 わたしの胸のうちを。          

続きを読む

2022年03月16日
092回「世間の 常なきことは 知るらむを」

世の中が 常でないことは ご存じでしょうに、 くよくよなさるな、 ますらおの身なのだから。          

続きを読む