高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ

越中万葉歌を読む

2021年01月15日
036回「雄神河 紅にほふ 娘子らし」NEW

雄神河(おがみがわ)が 一面に赤く照り映(は)えている。 あでやかな少女たちが 葦付(あしつき)を採(と)るために。 瀬に立っているらしい。            

続きを読む

2021年01月08日
035回「越の海の 信濃の浜を 行き暮らし」

越の海の 信濃の浜を 一日中歩き続けても余る こんな長い春の日でさえ、 ツマのことを忘れてしまったりするものか。 片時も忘れられないものだ。          

続きを読む

2020年12月25日
034回「天ざかる 鄙とも著く ここだくも」

(あまざかる) 鄙の地だけのことはあって、 こんなにも 恋しさがつのるのか。 心なごむ日とてなく。          

続きを読む

2020年12月18日
033回「みなと風 寒く吹くらし 奈呉の江に」

河口の風が 寒々と吹いているらしい。 奈呉の江で、 夫婦で呼び合いながら、 鶴がたくさん鳴いている。          

続きを読む

2020年12月11日
032回「東の風 いたく吹くらし 奈呉の海人の」

あゆの風が 激しく吹いているらしい。 奈呉の海人たちの 釣りをする小さな舟が 漕ぎ進むのが、高波のあいだから見え隠れしている。          

続きを読む

2020年12月04日
031回「婦負の野の すすき押し並べ 降る雪に」

婦負の野の すすきを押し倒すばかりに 降り積もる雪の中で 宿を借りる今日は、 ひとしお悲しく感じられる。          

続きを読む

2020年11月26日
030回「心には 緩ふことなく 須加の山」

心の中では 惜しむ気持ちが薄らがないまま、 (すかのやま) すっかりしょげ返って 恋い慕い続けることになるのであろうか。          

続きを読む

2020年11月18日
029回「矢形尾の 鷹を手に据ゑ 三島野に」

矢形尾の 鷹を手に据えて 三島野で 狩りをしない日が積もり、 もう一月が経ってしまった。          

続きを読む

2020年11月12日
028回「うら恋し わが背の君は なでしこが」

心恋しい あなたは、 なでしこの 花であればよいのに。 そうしたら、毎朝毎朝見られるのに。          

続きを読む

2020年11月05日
027回「玉桙の 道の神たち 賂はせむ」

(たまほこの) 道の神さまたちよ、 お供えは十分にしましょう。 わたしが恋しく思っているこのお方を、 見守ってください。          

続きを読む