高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ -
越中万葉歌を読む

018回「山吹は 日に日に咲きぬ うるはしと」

2020年10月02日

山吹は

日ごとに咲いています。

すばらしいと

わたしが思うあなたのことが、

しきりに恋しく思われてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

山吹は 日に日に咲きぬ うるはしと 我(あ)が 思(も)ふ君は しくしく思ほゆ

大伴池主(いけぬし)(巻17・三九七四)

 

 

 家持の前歌「更に贈る歌」(三九六九~三九七二)に応じた池主の漢詩と、長歌一首反歌二首の第一反歌。左注によると三月五日の作です。

 当時は同性同士が、恋歌仕立てで起居を問うことが行われました。

 家持が三九七二歌に、

出(い)で立たむ 力をなみと 隠(こも)り居(ゐ)て 君に恋ふるに 心利(こころど)もなし

(大伴家持 巻17・三九七二)

出かけてゆく元気がないと引きこもってばかりいて、あなたを恋しく思っていると心が落ち着きません。

と恋歌仕立てで歌ったのを受けて、「うるはしと 我が思ふ君は しくしく思ほゆ」と歌っているのです。

 「うるはし」は、おおむね尊敬の感情がこもった讃美の気持をあらわすことばです。この歌では、山吹が日に日に咲く様子に、家持を毎日大切に思う気持ちを重ねています。(田中夏陽子)

 

 

 

【さらに詳しく知りたい方へ】

高岡市万葉歴史館編

『越中万葉を楽しむ 越中万葉かるた100首と遊び方』

笠間書院・2014年刊

フルカラーA5判・128頁・定価1000円

 

 

※本文の中で引用した歌の読み下し文は、高岡市万葉歴史館編『越中万葉百科』(笠間書院)によります。