高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ -
越中万葉歌を読む

028回「うら恋し わが背の君は なでしこが」

2020年11月12日

心恋しい

あなたは、

なでしこの

花であればよいのに。

そうしたら、毎朝毎朝見られるのに。

 

 

 

 

 

 

うら恋(こひ)し わが背(せ)の君(きみ)は なでしこが 花にもがもな 朝な朝な(あさなさな)見む

大伴池主(おおとものいけぬし)(巻17・四〇一〇)

 

 大伴家持の歌(第26回)への返歌です。

 男性である家持に対して、「あなたがなでしこであったらいいのに」と歌うのは少し不思議に思えますが、ナデシコということばには、「撫(な)で」(やさしくいつくしむ)という語が含まれていますから、相手を大切に思う気持ちをこめて、この花を選んだのかもしれません。

 家持のかつての恋人であった笠女郎(かさのいらつめ)も、家持に対して「毎朝見る庭のナデシコであってくれたら嬉しいのに」

朝ごとに 我が見る屋戸(やど)の なでしこが 花にも君は ありこせぬかも

笠女郎(巻8・一六一六)

と歌っていました。(井ノ口史) 

 

いけぬしくん(高岡市万葉歴史館制作「越中万葉の仲間たち」より)

 

 

 

【さらに詳しく知りたい方へ】

高岡市万葉歴史館編

『越中万葉を楽しむ 越中万葉かるた100首と遊び方』

笠間書院・2014年刊

フルカラーA5判・128頁・定価1000円

 

 

※本文の中で引用した歌の読み下し文は、高岡市万葉歴史館編『越中万葉百科』(笠間書院)によります。