高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ -
越中万葉歌を読む

035回「越の海の 信濃の浜を 行き暮らし」

2021年01月08日

越の海の

信濃の浜を

一日中歩き続けても余る

こんな長い春の日でさえ、

ツマのことを忘れてしまったりするものか。

片時も忘れられないものだ。

 

 

 

 

 

 

 

越(こし)の海の 信濃(しなぬ)の浜を 行(ゆ)き暮らし 長き春日も 忘れて思へや

大伴家持(巻17・四〇二〇)

 

 

 天平二十年(七四八)正月二十九日(太陽暦の三月七日)に、大伴家持が詠んだ四首のうちの一首です。

 この歌の前後に並べられた歌の内容から、射水郡で(いみずのこおり)の歌と想像されます。

 富山湾に望む土地は、近代的漁港や工業地帯に整備されるまで、歌の通りに「行き暮らし」するほどの長大な砂浜が続いていました。

 砂浜は、いくつかの河口で途切れます。だから、どこか一部の砂浜が「信濃の浜」と呼ばれていたと想像できますが、現在のどこに当たるのかは、残念ながら、まったくわかりません。(関 隆司)

 

【さらに詳しく知りたい方へ】

高岡市万葉歴史館編

『越中万葉を楽しむ 越中万葉かるた100首と遊び方』

笠間書院・2014年刊

フルカラーA5判・128頁・定価1000円

 

 

※本文の中で引用した歌の読み下し文は、高岡市万葉歴史館編『越中万葉百科』(笠間書院)によります。