高岡市万葉歴史館
〒933-0116 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
(とやまけん たかおかし ふしきいちのみや)
TEL:0766-44-5511 FAX:0766-44-7335お問い合わせ

まんれきブログ

まんれきブログ記事一覧

2021年08月13日
066回「荊波の 里に宿借り 春雨に」

荊波(やぶなみ)の 里で宿を借り、 春雨に 降りこめられていると、 いとしい人に告げてやったか。            

続きを読む

2021年08月06日
065回「あしひきの 山の木末の ほよ取りて」

(あしひきの) 山の木々の梢(こずえ)の 寄生木(ほよ)を取って 髪に挿したのは、 千年の寿命を祝う気持ちからだ。            

続きを読む

2021年07月30日
064回「雪の上に 照れる月夜に 梅の花」

雪の上に 照り映える月が美しい夜に、 梅の花を 折って贈ってやりたいと思うような、 かわいい子がいたらなあ。            

続きを読む

2021年07月24日
063回「天の川 橋渡せらば その上ゆも」

天の川に 橋を渡してあったら、 その上を通ってでも 渡って行かれるだろうに、 秋でなくても。            

続きを読む

2021年07月17日
062回「この見ゆる 雲ほびこりて との曇り」

今見えている この雲が広がっていって、 一面にかき曇って 雨が降ってくれないかなあ、 満足するまで。            

続きを読む

2021年07月10日
061回「なでしこが 花見るごとに 娘子らが」

なでしこの 花を見るたびに、 あの娘(こ)の 笑顔のあでやかさが 思い出されてならない。            

続きを読む

2021年07月03日
060回「紅は うつろふものそ 橡の」

紅(くれない)染めは 色褪(あ)せやすいもの。 ドングリ染めの 着古した衣に、 やはりかなうはずがない。            

続きを読む

2021年06月26日
059回「英遠の浦に 寄する白波 いや増しに」

阿尾の浦(あおのうら)に うち寄せる白波は、 いよいよひどく、 ひっきりなし立ってしきりに寄せて来る。 あゆの風が激しいからだろうか。            

続きを読む

2021年06月19日
058回「焼き大刀を 礪波の関に 明日よりは」

(やきたちを) 礪波(となみ)の関に、 明日からは 番人をもっと増やして、 あなたを引き留めよう。            

続きを読む

2021年06月12日
057回「三島野に 霞たなびき しかすがに」

三島野に 霞みがたなびいていて、 それなのに 昨日も今日も 雪が降りつづいています。            

続きを読む